「論語と算盤」に学ぶ vol.2【Bee通信】

pic5.jpg 「自ら箸を取れ」
"羽柴藤吉郎は織田信長に重用されたが、草履取の仕事を大切に勤め、一部の兵を託されれば一部将の任を完全にしていたからこそ、遂には破格の抜擢を受け、その後の豊臣秀吉に繋がった。どんな仕事であれ、与えられた仕事にその時の全生命をかけて真面目にやり得ぬ者は、いわゆる功名利達の運を開くことはできない。" 仕事はいくらお膳立てをしても、これを食べるか否かは「箸を取る人」次第です。自ら箸を取り、お膳立てを頂いたことに感謝の念を持って最後まで美味しく頂く、そんな心持が肝要ということでしょう。


提供:Beeパートナーズプランニング

企業検索

掲載企業数

4 件

スポンサーサイト