あなたの心に留めておきたい言葉は何ですか?【ひととき通信】

皆さんにも座右の銘や好きな言葉があると思います。

私が好きで、特に今年常に心に留めておきたい三つの言葉をご紹介します。私だけでなく、これをお読みいただいている経営者の皆さんにもきっと共感していただけるのではないでしょうか。

「大変な時代」言われますが、まさに[大]きな[変]化の中にいます。その変化に対応できるかどうかが私たちに問われているように思われます。ダーウィンが「種の起源」で記したと言われている進化論は覚えておきたい一説です。

変化は組織の中では受け入れられないことも多いのが現実ですが、共有しなければいけない意識です。取り組む時には情熱を持ってあたる必要があります。サミュエル・ウルマンの「青春の詩」は気持ちを原点に引き戻してくれます。

ダーウィン進化論
最も強いものや賢いものが生き残るのではない
最も変化に敏感なものが生き残る

青春の詩 サミュエル・ウルマン
青春 とは人生のある期間をいうのではなく、心の様相をいうのだ。
優れた創造力、たくましき意志、炎ゆる情熱、・・・・(中略)
こういう様相を青春というのだ。年を重ねただけでは人は老いない。・・・・(中略)
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。
人は信念とともに若く、疑惑とともに老いる。
人は自信とともに若く、恐怖とともに老いる。
希望ある限り若く、失望とともに老い朽ちる。

時には、自戒の言葉が必要になることもある

ともすれば心が萎えてしまいそうな時もありますが、「中途半端だと愚痴が出る」と戒めてくれる出所不明の一句。実は自宅の部屋に自戒の念を込めて貼ってあります。

こうした言葉に支えられて乗り越えられることは多いものです。新しい事務所名でスタートを切った平成22年、自分の行動を常に確認しながら大きな成長に繋げていきたいと思います。

一生懸命だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳が出る
出所不明



提供:人事労務マネジメント ひととき

企業検索

掲載企業数

4 件

スポンサーサイト