一に雇用、二に雇用、三に雇用【ひととき通信】

8/30に発表された経済対策基本方針の中で「新卒者らの雇用に関する緊急対策」が発表されています。雇用の中でも就職内定率の低下から新卒者にフォーカスをあてています。一方で採用意欲の高い中小企業への就業も啓発はしているのですが・・・。

「新卒者らの雇用に関する緊急対策」とは

○新卒枠を卒業後3年間に拡大

○体験雇用や職場実習を3倍に拡充

○各都道府県に新卒者就職応援本部を設置


【 見逃せない事実】

▼求人倍率に見る雇用のミスマッチ

大企業(1000人以上) 0.57倍

中小企業(300人未満) 4.41倍


中小企業の立場で考えてみましょう

● 奨励金が出ることによって、雇用拡大の後押しになるのは、人材の必要性がある会社だけ
● 新卒を3年に延長にしたら、大企業志向を助長することになるということになりはしないでしょうか。とは言え、まもなく始まる対策、生かせる企業はぜひ活用を考えていきましょう。
(国の雇用対策としては、やはり抜本的な業績拡大のためのサポートを期待したいですね)



提供:人事労務マネジメント ひととき

企業検索

掲載企業数

11 件

業種から調べる

運輸・通信業 
卸売業 
小売業 
飲食店業 
金融・保険代理店業 
不動産業 
その他 

スポンサーサイト